カニクサ

カニクサ (シダ植物フサシダ科)【蟹草】
(Lygodium japonicum) 別名:ツルシノブ

羊歯植物としては珍しい蔓性の植物で、畑や土手や庭などの雑草として生えてきます。

1本のつるは2m以上にもなりますが、正確にはこれは茎としての蔓ではなく、実際には茎は地下にあり、地上のつるは1枚の「葉」だということです。

つまり、1枚の葉が無限に長く伸び、横にたくさん付く葉は実際には羊歯の「羽片」ということです。

羽片は栄養葉と胞子葉が混ざってつき、「イノモトソウ」のようなぺろんとした葉が栄養葉で、「シノブ」のような細かく分かれた葉が胞子葉です。

2017/10 都立薬用植物園

2017/09 神代植物公園

2017/10 都立薬用植物園