メナモミ

メナモミ (キク科メナモミ属)
(学名:Sigesbeckia pubescens)

オナモミ」に対する「メナモミ」で、「ひっつきむし」の代表ですが、こちらは棘で引っ掛けるのではなく、粘液でへばりつくタイプです。

花のまわりの5つの総苞が「モウセンゴケ」のように粘液質の腺毛になっています。

よく似た「コメナモミ」がありますが、「メナモミ」のほうが大きく太く毛深いので明らかに見分けがつきます。

2017/10 狭山丘陵

2017/10 狭山丘陵