オオニガナ

オオニガナ (キク科フクオウソウ属)【大苦菜 】
(Nabalus tanakae)

東北から近畿にかけて湿地に分布する希少種のキク科植物で、「ニガナ」の名がつきますがニガナの仲間とはちょっと違う属で、大型の花です。

舌状花だけでできていて、「ハナニガナ」に似た花弁の形ですが、花も立ち姿もはるかに大きく立派です。

下のほうの葉は、切れ込みの大きな大型の葉でさまざまな形になっています。

東京都、埼玉県などで、絶滅危惧IA類となっていて、神奈川県では絶滅とされています。

2017/10 狭山丘陵

2017/10 狭山丘陵

2017/10 狭山丘陵

2017/10 狭山丘陵