オオケタデ

オオケタデ (タデ科イヌタデ属)【大毛蓼】
(学名:Persicaria orientalis)

中国・東南アジア原産で、江戸時代に鑑賞用・薬用で栽培され、一部帰化植物となっているようです。

イヌタデ」を鮮やかに巨大にしたような植物で、背丈以上になります。

虫刺されや腫れ物の薬草とされています。

野生化したものは、全国の農家の庭や土手、河原などにみられるようです。

2017/09 都立薬用植物園

2017/09 都立薬用植物園

2017/09 都立薬用植物園

2017/09 都立薬用植物園

2017/09 都立薬用植物園