チシオハツ

チシオハツ (ベニタケ科)【血潮初】
(学名:Russula sanguinea)

シラビソなどの針葉樹林のミズゴケの林床のあちこちに生えていました。

ややピンクがかった渋い赤色は、まさに紅茸の名にふさわしく軸や笠裏の白とのコントラストが綺麗です。

最初、有名な「ドクベニタケ」と思いました。

しかしよく見ると白い柄にうす紅色のグラデーション入りです。

針葉樹林内に生え、軸がうすく赤みを帯びて縦線の細かいしわが入っていると「チシオハツ」の可能性が高いようです。

ドクベニタケほど有毒ではなく、適切に調理すれば可食のようですが、どうも微毒性のようです。

どちらにしろ、ドクベニタケとの区別も難しいのであえて食べないほうがよいようです。

2017/08 金峰山

2017/08 金峰山

2017/08 金峰山