ミヤマサワアザミ

ミヤマサワアザミ (キク科アザミ属)【深山沢薊】
(学名: Cirsium kamtschaticum ssp. alpinum)別名:エゾノミヤマアザミ

北海道の高山帯の湿地に生えるアザミで、大雪山系と知床山系に生え花茎上に1-3輪の花をつけます。

蕾にはクモ毛が多く、開花するころには、花はうつ向き加減に咲きます。

葉の切れ込みがはっきりしていますが、大きな棘は目立ちません。

「エゾノサワアザミ」の高山型とされ、大雪でも高地の草地でみられ、稜線下の中腹草地などでは別のアザミが生えています。

2017/07 大雪山

2017/07 大雪山

2017/07 大雪山