エゾノツガザクラ

エゾノツガザクラ (ツツジ科ツガザクラ属)【蝦夷の栂桜】
(学名:Phyllodoce caerulea)

北海道~東北地方以北の高山帯の岩場や草地に分布します。

大雪山では、とても鮮やかな発色の花が一面のじゅうたんのように群生する光景が見られます。

通常の「ツガザクラ」よりも数段華やかで、紫がかった濃いピンクはとても目立ちます。

大雪山では、近縁の「アオノツガザクラ」と混在するところも多く、雑種の「コエゾツガザクラ」というのも見られます。

ツガザクラ類は、たいへん小さいですが、ツツジ科の立派な樹木です。

青森県と岩手県で絶滅危惧に指定。

2017/07 大雪山

2017/07 大雪山

2017/07 大雪山

2017/07 大雪山

2017/07 大雪山(バックの山は旭岳)

ピンクがエゾノツガザクラ、うす緑がアオノツガザクラ  2017/07 大雪山