キバナシオガマ

キバナシオガマ (APG:ハマウツボ科シオガマギク属)(ゴマノハグサ科)【黄花塩竈】
Pedicularis oederi

希少な大雪山固有種であり、日本で唯一の黄色のシオガマ類です。

形としては「ヨツバシオガマ」に似ていますが、花序は背が低く、花の上唇が鳥のくちばしのように尖り、この部分がこげ茶色になります。

葉は根性で、まるで「タマシダ(ツデー)」のような葉を放射状に広げます。

高山帯の礫地や草地、風衝地に咲いています。

半寄生植物といわれています。

環境省カテゴリ:絶滅危惧ⅠB類(EN)

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山