チシマヒョウタンボク

チシマヒョウタンボク (スイカズラ科スイカズラ属)【千島瓢箪木】
(学名:Lonicera chamissoi)

本州中部以北~北海道の亜高山から高山に生える低木です。

普通の「ヒョウタンボク」と同様、2個の実が接続したひょうたん型の有毒の実が成ります。

独特の鮮やかな赤紫の花が登山道のわきによく目立ちます。

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山