アキタブキ

アキタブキ (キク科フキ属)【秋田蕗】
(学名:Petasites japonicus subsp. giganteus)別名:エゾブキ

東北北部と北海道に自生するフキで、各地で食用に栽培され、名物となっているところもあります。

大雪山の登山口では、すでに花も終わり種の綿毛となっていましたが、一方そのすぐそばでは、残雪の溶けたばかりのところにフキノトウが生えていました。

2017年7月 大雪山銀泉台

2017年7月 大雪山銀泉台

残雪わきには7月というのにフキノトウ  2017年7月 大雪山銀泉台

2017年7月 大雪山銀泉台