ホシザキイナモリソウ

ホシザキイナモリソウ (アカネ科イナモリソウ属)【星咲稲森草】
(学名 Pseudopyxis depressa f. angustiloba)

イナモリソウ」の変種とされ、小さめの花弁の縁が内側に折りたたまれる状態で咲くので、細い星形に見えます。

よく見ると縁のフリル状の部分がまくれています。

開花しきっていない状態にも見えますが、普通のイナモリソウは最初から開いています。

イナモリソウの花弁は普通5弁ですが、これの場合は6-7裂となることも多いようです。

高尾山で最初に発見されたそうです。

2017/05 高尾山

2017/05 高尾山

2017/05 高尾山

2017/05 高尾山

2017/05 高尾山

2017/05 高尾山