オオアマナ

オオアマナ (キジカクシ科オオアマナ属)【大甘菜】
(学名:Ornithogalum umbellatum)

ヨーロッパ原産の帰化植物で、園芸用が逸出して野生化しています。

「アマナ」の名がついていますが、「アマナ」とは別物で有毒植物。

どちらかというと「キバナアマナ」に似て、花茎の先に複数の花が咲き、花被片の外面が緑色です。

花が2重構造のように見えますが、内側の花のように見えるのは白色で幅広の雄しべのようです。

秋に葉を出し、春に咲き、夏には枯れて休眠している、というライフサイクルで、かなりな繁殖力があります。

アマナやカタクリの生えるような林下で盛んに繁殖するので、場所によっては必死に駆除が行われています。

植物体はしなびたような、妙になよなよした柔らかさがあります。

2016/05 清瀬市

2017/05 清瀬市

2017/05 狭山丘陵

2017/05 狭山丘陵

2017/05 清瀬市

2017/05 狭山丘陵

2017/05 狭山丘陵

2016/05 清瀬市

2016/05 清瀬市