クマガイソウ

クマガイソウ (ラン科アツモリソウ属)【熊谷草】
(学名:Cypripedium japonicum

クマガイソウ

2018/04 都立薬用植物園(植栽)

日本の自生ランの仲間の中でも一番変わり種のトップクラスの花でしょう。

異様な存在感のある内臓チックな唇弁と、その上の萼片、2枚だけの大きな扇型の丸い葉、ちょんまげのような苞葉、どこをとっても他に類を見ない花ですね。

最近ではあちこちで栽培地があるので見る機会もわりあい多いかもしれませんが、山での自生を見るのはなかなか難しいでしょう。

栽培地ではどこも竹林や杉林の下で大群生をつくっているので、ランとしては決して弱い植物でもないのだと思いますが、盗掘の対象としてはナンバーワンクラスでしょう。

最近、高尾山で見ることができましたが、以前もこのきわめて特徴的な葉を山登りの最中に見た覚えがあるのですが、これだったのかどうか何処だったのか定かでありません。

それにしても何ともケッタイな花です。

環境省カテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
東京都レッドデータ:絶滅危惧IA類

クマガイソウ

2018/04 都立薬用植物園(植栽)

クマガイソウ

2019/05 高尾山(自生)

クマガイソウ

2019/05 高尾山(自生)

クマガイソウ

2019/05 高尾山(自生)

クマガイソウ

2017/04 所沢市多聞院(植栽)

クマガイソウ

2017/04 所沢市多聞院(植栽)

クマガイソウ

2017/04 所沢市多聞院(植栽)

クマガイソウ

2017/04 所沢市多聞院(植栽)(植栽)

クマガイソウ

2017/04 所沢市多聞院(植栽)


クマガイソウ

 蕾  2019/06/05 入笠山(植栽)

クマガイソウ

花の終わった後の葉  2017/05 武蔵丘陵森林公園(植栽)