イチリンソウ

イチリンソウ (キンポウゲ科イチリンソウ属)【一輪草】
(学名:Anemone nikoensis

イチリンソウ

2019/04 東村山市

ニリンソウ」によく似た「スプリングエフェメラル」で、ニリンソウの姉貴分という感じの大柄な風格があります。

花はキンポウゲ科の習いで、花弁にあたるものは実は萼片で、通常5弁ですが6弁もあり不定です。

花だけ見るとニリンソウとほとんど区別がつきませんが、先細りに細かく切れ込んだ葉が3方に出るので判ります。

また、ニリンソウほどには集中して群生せず、単独生えの傾向にある感じです。

北海道や東北には無いのでニリンソウよりも南方分布になっているようです。

各地で絶滅危惧種や準絶滅危惧種に指定されています。

2017/04 野川公園自然観察園

2017/04 野川公園自然観察園

2017/04 野川公園自然観察園

2017/04 野川公園自然観察園

2017/04 野川公園自然観察園

2017/04 野川公園自然観察園

萼片の裏側がピンク色に  2017/04 野川公園自然観察園

2018/04 都立薬用植物園

微毛に覆われた蕾  2019/04 東村山市