ツルネコノメソウ

ツルネコノメソウ (ユキノシタ科ネコノメソウ属)【蔓猫の目】
(学名:Chrysosplenium flagelliferum)

2017/04 御岳山

どれも判りにくいネコノメソウ類の中では、他に似たものがないので分かり易い種類です。

渓流の飛沫がかかるような水際に、ツル状の走出枝で増えるタイプで、平べったい小葉とまばらな花序が特徴的。

黄色から明るい黄緑へとグラデーションする花序は、薄暗い渓谷の中で明るく浮かび上がりとても綺麗に目立ちます。

9個の葯をもつ花は平たく開出するので、「コガネネコノメ」などと区別できます。

また、葉が互生になるのも、ネコノメ類の中では少数派のようです。

2017/04 御岳山

2017/04 御岳山

2017/04 御岳山

2018/03 奥武蔵・棒ノ折山