ミミガタテンナンショウ

ミミガタテンナンショウ (サトイモ科 テンナンショウ属)【耳型天南星】
(Arisaema undulatifolium var. limbatum)

ミミガタテンナンショウ

2017/4 芦ヶ久保

異形のサトイモ科テンナンショウ属の中では、全体の姿はそれほど異様ではないと思いますが、仏炎苞のへりが耳のように両側に張り出しているので判りやすい種類です。

花がまず先んじて咲き、後から両脇に葉を設けます。

葉は両手のように1ペアの葉柄で花より低い位置につき、花期が終わると上に伸びます。

春の新芽はタケノコのようです。

ミミガタテンナンショウ

2017/4 芦ヶ久保

ミミガタテンナンショウ

2017/4 芦ヶ久保

ミミガタテンナンショウ

2017/4 芦ヶ久保

ミミガタテンナンショウ

2019/03 片倉城跡公園

ミミガタテンナンショウ

2019/05/05 高尾山

ミミガタテンナンショウ

2017/4 芦ヶ久保

ミミガタテンナンショウ

青い実   2017/05 都立薬用植物園

熟し終わった実  2019/07/19 都立薬用植物園

斑入りの株  2017/05 都立薬用植物園