カテンソウ

カテンソウ (イラクサ科)【花点草】
(学名:Nanocnide japonica)

とても地味で小さく目立たない花ですが、よく見るとなかなか面白い花ではあります。

草の天辺につく花序は雄花で、蕾が熟すと5弁の梅の和菓子のような感じに赤っぽくなり、弾け開くと中に折りたたまれた5本の雄しべが開きます。

一方、雌花は葉の付け根に托葉のような小さな緑のかたまりとなっています。

2017/04 野川公園

2017/04 野川公園

2017/04 御岳山

2017/04 御岳山

2017/04 御岳山


御岳山で葉の形が面白かったので何だろうと思い写真をとっておいたのだが、花蕾らしきものが変わった形でどうなっているのか判らなかった。

調べてみると「カテンソウ」の蕾みたいだ。

一部かろうじて見えているが、これが熟すと内側に折りたたまれている5本の雄しべが外側に開くらしい。

2016/04 御岳山

2016/04 御岳山

2016/04 御岳山