ネコノメソウ

ネコノメソウ (ユキノシタ科ネコノメソウ属)【猫の目草】
(学名:Chrysosplenium grayanum)

2017/03 狭山丘陵・野山北公園

春の低山の沢や湿地に生えるネコノメソウは、どこが猫の目なのか怪しんでいましたが、花後の種(果実)ができたときの状態が猫の目のようだということです。

この仲間はかなり種類が多く、どれも紛らわしいのですが、代表的によくあるのはこのネコノメソウと「ヤマネコノメソウ」。

ただし、狭山丘陵などでは、ヤマネコノメはほとんど有りません。

ネコノメソウは黄色っぽく葉が対生ですが、ヤマネコノメは全体が緑っぽく葉が互生です。

トウダイグサ」などトウダイグサ科の植物に似た印象ですが、ユキノシタ科です。

2017/03 狭山丘陵・野山北公園

2017/03 狭山丘陵・野山北公園

2017/03 狭山丘陵・野山北公園

2017/04 狭山丘陵

花が終わり種になったところ。この状態が「猫の目」

2017/05 府中市浅間山