キバナノコマノツメ

キバナノコマノツメ (スミレ科スミレ属)【黄花の駒の爪】
(Viola biflora)

2017年7月 大雪山

「黄花の駒の爪」という、「スミレ」という名がつかないスミレ。

「コマノツメ」とは、腎円形の葉の形状が馬の蹄(駒の爪)に似ていることからついたということです。

花弁はちょっとバラバラな感じで咲き、紫条のある下唇弁がネクタイのようにちょっと離れて下がります。

基本的には山岳地や北方系ですが、四国山地や屋久島にもあるそうです。

尾瀬の至仏山や谷川岳には、蛇紋岩地帯特有の変種「ジョウエツキバナノコマノツメ」があります。

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2017年7月 大雪山

2018/07/19 千畳敷カール

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳

2018/07/19 木曽駒ケ岳


雁ガ腹摺山のちょっと岩っぽい小さな沢沿いに一輪だけ発見。
(写真の大きな葉は、重なる他の植物のもの)

2015/5 雁ガ腹摺山

2015/5 雁ガ腹摺山

2015/5 雁ガ腹摺山

2015/5 雁ガ腹摺山

2015/5 雁ガ腹摺山

2015/5 雁ガ腹摺山