キクバオウレン

キクバオウレン (キンポウゲ科)【菊葉黄蓮】
(Coptis japonica var. anemonifolia)

漢方薬に使われる「オウレン」ですが、葉の形と植物体の大きさで、「キクバオウレン」、「セリバオウレン」、「コセリバオウレン」の3つの変種とされています。

単にオーレンといえば、普通キクバオウレンのことのようですが、これは複葉の分かれ方が一番単純で、日本海側に多いようです。

また、近い種類に高山系の「ミツバオウレン」があります。

2017/01 都立薬用植物園

2017/01 都立薬用植物園

2017/02 都立薬用植物園

2017/02 都立薬用植物園