イヌワラビ

イヌワラビ (シダ植物イワデンダ科)【犬蕨】
(学名:Athyrium niponicum)

街中から山地まで幅広く生える夏緑性の小型シダで、群生していても繊細な印象があります。

全体にスマートで、葉があまり混み合わず、先端が穂状に細く伸びています。

中軸が紅紫色を帯びていて、葉の色が明るい色なので全体に華やかな感じがあります。

そのためか、庭園などに園芸用に植えられることも多いようです。

特に斑入りのはっきりした品種は「ニシキシダ」と称し、改良されて園芸流通しています。

その他特徴としては、軸が赤くなる以外に、全体に毛が少ない、一番中軸寄りの小羽片が大きめ、最下部の羽片の内側下部小羽片が欠落する、などがあります。

ソーラスは丸型ではなく、ハの字型となります。

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 狭山丘陵

2016/11 野川公園

2016/11 野川公園

2016/11 野川公園

2016/11 野川公園