ヒメノキシノブ

ヒメノキシノブ (シダ植物ウラボシ科)【姫軒忍】
(学名 Lepisorus onoei)

樹幹や岩上の苔むしたようなところに生える着生シダです。

全国に普通にありますが、「ノキシノブ」よりも小さく先が円く、より山地性となります。

ソーラス(胞子嚢群)が、3-6個ぐらいまばらに葉の先の方につきます。

東北地方など一部の県で絶滅危惧種

2016/10 箱根湿生花園

2016/10 箱根湿生花園

2016/10 箱根湿生花園

2016/10 箱根湿生花園

2016/10 箱根湿生花園

2016/10 箱根湿生花園

2002/03 奥武蔵

2002/03 奥武蔵

2002/03 奥武蔵

2002/03 奥武蔵