サクラタデ

サクラタデ (タデ科イヌタデ属)【桜蓼】
(学名 Persicaria conspicua)

その名に違わず、とても綺麗な桜色の花を咲かせます。

日本のタデ属の中でもっとも大きい花とされていますが、それでもタデですからとても小さな花です。

雌雄異株で、ちょっと似た感じの「ヌマトラノオ」などと同じような湿地に群生しています。

よく似てちょっと弱々しい感じの白花のものは、「シロバナサクラタデ」で別種となります。

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/09 野川公園

2016/10 箱根湿性花園

2016/10 箱根湿性花園