ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス (ユリ科ホトトギス属)【山路の杜鵑草】
(Tricyrtis affinis)

2015/09 東村山

2015/09 東村山

カラー配置の点と造形の点で、一番整って綺麗なホトトギス類と個人的には思っている種類。
花びらは白色ベースで水平に開き、花柱は黄色で先端にだけ斑点と、くどすぎずバランスがとれています。

花は葉腋に並んで付きます。
家の庭に植えてあり、毎年開花が楽しみです。

ヤマホトトギス」と似ていて、時に区別の難しい場合がありますが、ヤマホトトギスは一般に花びらが大きく反り返り、花が茎の先に散状につきます。

2015/08 御岳山

2015/08 御岳山

2015/08 御岳山

2015/08 御岳山

2015/09 東村山

2015/09 東村山

2014/09 東村山

2014/09 東村山

2016/08 御岳山

2016/08 御岳山

花は茎の先端側から順に咲きます。咲き終わりから硬い蕾まで、時系列で一列に並んでいます。

2016/09 東村山

2016/09 東村山