ショウキズイセン

ショウキズイセン (ヒガンバナ科)【鍾馗水仙】
(学名 Lycoris traubii)
(リコリス)

オレンジ色の「ヒガンバナ」という感じで、いかにもリコリス属らしく、反り返った花弁と長い雄しべをもつ花です。

実際ヒガンバナとかなり近い種類で、これとヒガンバナ(コヒガンバナ)の雑種が、「シロバナヒガンバナ」となります。

日本での自生地は、四国、九州、琉球、となっていますが、ヒガンバナ同様、古い時代に中国から持ち込まれて帰化したものではないかともいわれています。

「ショウキラン」とも呼ばれますが、これは蘭の仲間に同名があるので、「ショウキズイセン」と呼ぶべきでしょう。

2016/09 東村山市

2016/09 東村山市(植栽)

2016/09 東村山市(植栽)

2016/09 東村山市(植栽)

2016/09 東村山市(植栽)

2016/09 東村山市(植栽)