マムシグサ

マムシグサ  (サトイモ科テンナンショウ属)【蝮草】
(学名:Arisaema serratum)

名前も名前だが、現物も不気味な「マムシグサ」。

仲間の「ウラシマソウ」に比べれば不気味さの度合いは低いし、この黄緑色の「アオマムシグサ」または「カントウマムシグサ」は、苞が茶紫のものより可愛いし爽やか感があるが、茎のまだら模様は、やっぱりマムシだった。


三頭山 (2014.6)

三頭山 (2014.6)

三頭山 (2014.6)

三頭山 (2014.6)

高さ20cmほどのミニサイズで可愛い 2018/04 三頭山

2016/06 御坂山地・黒岳

2016/06 御坂山地・黒岳

2016/06  御坂山地・黒岳

2016/06 御坂山地・黒岳

マムシグサ

2019/04 神代植物公園


青い実  2015/08 御岳山

青い実  2015/08 御岳山

2016/08 御岳山

2016/08 御岳山

2017/10 三頭山


Wikipedia