カリガネソウ

カリガネソウ (シソ科)(旧クマツヅラ科)【雁金草】
(学名 Tripora divaricata)

別名「帆掛草」というように、実に変わった形のシソ科の花ですが、アキギリや各種ハーブ類のように、ハナバチなどが蜜を集めにきたときに花粉の受け渡しをさせる仕組みとなっています。

留まった虫の重みで花の角度が沈み込んだときに、上方に長く突き出した曲がった蕊が虫の背中につくように設計されています。

独特の青紫の花弁に斑が入って、不思議な妖しい雰囲気を醸し出しています。

群生している花には独特の芳香がします。

実は各地で県別レッドデータブックに載っており、東京都はすでに「野生絶滅」となっています。

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 野川公園

2016/08 昭和記念公園

2016/08 昭和記念公園

2016/08 昭和記念公園

2016/08 昭和記念公園

2016/08 昭和記念公園

2016/08 昭和記念公園

2016/10 昭和記念公園

2016/10 昭和記念公園

2016/08 昭和記念公園

開花前の蕾  2016/08 昭和記念公園

花後の実 2016/10 昭和記念公園

花後の実 2016/10 昭和記念公園