エゾカワラナデシコ

エゾカワラナデシコ (ナデシコ科ナデシコ属)【蝦夷河原撫子】
(学名:Dianthus superbus var. superbus)

カワラナデシコ」よりも北方系で、本州中部以北の分布で、霧ヶ峰や美ヶ原など諏訪周辺の高原では、ほぼこの種になるらしい。

花弁基部に赤い毛が生えている。

両者の区分は、苞の部分が2対(エゾ)か、3-4対(カワラ)かで見分ける。

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山