エンビセンノウ

エンビセンノウ (ナデシコ科)【燕尾仙翁】
(学名:Lychnis wilfordii)

普通の山野草の中では、ちょっと他に同等のものが思い当たらないほど、鮮烈な赤色の花です。

濃い朱色で、画像にした時もそうですが、肉眼で見た時もまわりの空間にハレーションを起こしてにじみ出ているような赤。

「燕尾」の名の通り、花弁の末端が細長く2裂して長く伸びています。

湿気の多い山野に生えますが、分布域が狭く、北海道日高地方と、長野県、埼玉県の一部にしか生育していないようです。

そのため乱獲や盗掘も多いらしく、近い将来に野生絶滅の危険性が高い「絶滅危惧者ⅠB類」に指定されています。

写真の生育地は、野草園に移植・植栽されたもののようです。

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山