クリ

クリ (ブナ科クリ属)【栗】
(学名: Castanea crenata)

山野に自生する原種は、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれます。

畑で実を採るものはもちろん栽培品種ですが、多摩地方にはあちこちに栗林が残っています。

独特の匂いが立ち込める花の時期には、穂状にしだれた黄白色の花が目立ちますが、これは「雄花」で、膨大な雄しべの群生となっています。

一方、「雌花」は別枝で目立たず、よく見ると小さなイソギンチャクのような特異な形でついています。

これが受粉すると栗の実となります。

雄花は通りがかりでも誰でも見ていますが、雌花をよく見たことのある人は意外と少ないかもしれませんね。

見ようによっては、花弁のない巨大な花の雄しべと雌しべが枝先にオープンに展開しているとも言えるのでしょうか。

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山

雌花  2015年5月 東村山

雌花  2015年5月 東村山

雄花  2015年5月 東村山

雄花  2015年5月 東村山

実  2015年7月 東村山

実  2015年7月 東村山

2015年5月 東村山

2015年5月 東村山