ヒメスイバ

ヒメスイバ (タデ科)【姫酸葉】
( Rumex acetosella)

ヨーロッパ方面から明治初期に入ってきた帰化植物で、今では全国に分布しているようです。

スイバの仲間なので、シュウ酸を含み葉や茎に酸味があるそうです。

ものすごく小さな花ですが、一本に数百もつけ、たくさん生えるので草原が赤く見えるほどです。

天神平のスキー場の草原に一面に生えていて、最初全く何か判りませんでした。

ベニシジミの食草です。

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平


2016/07 天神平

2016/07 天神平