ロウバイ

ロウバイ (ロウバイ科)(蝋梅)
(Chimonanthus praecox)

冬の寒い中に香り高い蝋梅は、「梅」ではなく、全く別のロウバイ科の植物です。
多く栽培されているのは、ソシンロウバイ(素心蝋梅)、マンゲツロウバイ(満月蝋梅)などで、原種に近いものは花が小さく中心が赤紫です。

秩父・宝登山のロウバイ
秩父(長瀞)の宝登山は標高497mの低山ですが、頂上付近の臘梅園が有名で、今の時期は多くの観光客が訪れます。
季節によって、梅園、ツツジ園、シャクナゲ園なども見られます。

2015/2 秩父宝登山

2015/2 秩父宝登山 ソシンロウバイ(通常品種)

2015/2 秩父宝登山 ソシンロウバイ(満月という品種)

2015/2 秩父宝登山 ソシンロウバイ(満月という品種)

2015/2 秩父宝登山 ソシンロウバイ(満月)

2015/2 秩父宝登山 ソシンロウバイ(満月)

2015/2 秩父宝登山

2015/2 秩父宝登山

2015/2 秩父宝登山 和臘梅(原種)

2015/2 秩父宝登山 和臘梅(原種)

2015/2 秩父宝登山

2015/2 秩父宝登山

近所のロウバイが満開になりました。そばに寄ると良い香りがします。
2015/2 東村山市

2015/1 東村山市

2015/1 東村山市

2015/1 東村山市

2015/1 東村山市

ロウバイと武甲山 2015/3 小鹿野・四阿屋山

ロウバイと武甲山 2015/3 小鹿野・四阿屋山

ソシンロウバイの実。
ロウバイの実が大きくなるとこんななのですね。
なんだか花の姿とイメージが結びつきません。

ソシンロウバイの実 2015/5 東村山中央公園

ソシンロウバイの実 2015/5 東村山中央公園

ソシンロウバイの実 2015/5 東村山中央公園

ソシンロウバイの実 2015/5 東村山中央公園