シロバナニガナ

シロバナニガナ (キク科)(APG:キク科)【白花花苦菜】
(学名:Ixeris dentata var. albiflora)

ハナニガナ」の白花ですが、わりあい山地性のようです。

低山から高山まで幅広く分布し、高山植物に混ざって咲いていることもあります。

山の上で正体が判るとあまり有り難みがないのですが、花弁の白がなかなか映えて新鮮な感じがします。

舌状花は、7-11枚で、普通の「ハナニガナ」と同じ。

ややこしいことに、これは正しくは「ハナニガナ」の白花というより逆に、「ニガナ」の変種である「シロバナニガナ」の黄色品種が「ハナニガナ」とのことのようです。

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平