ヤマハタザオ

ヤマハタザオ (アブラナ科)【山旗竿】
(学名 Arabis hirsuta)

道端の斜面のヤブに紛れてとても判りづらかったが、やけに細長い草が茎を伸ばしていました。
高いものでは1m近くもあり、分岐しないで真っ直ぐ直線的に伸びています。

鋸歯の有る葉は下よりの方にまばらに付いていて、頂上には、いかにもアブラナ科らしき白い4弁花。

名前は聞いたことがありましたが、これが「ヤマハタザオ」。

別に珍しくもなんともない草のようですが、初めて見た気がします。
というか、意識していなければ「見えない」植物でしょうね。

これまた、背景条件に恵まれなければ、クリアな写真を撮るのは不可能。

2016/06 御坂山地

2016/06 御坂山地

草に紛れて判別不能なので輪郭を切り出してみた

草に紛れて判別不能なので輪郭を切り出してみた