アキノタムラソウ

アキノタムラソウ (シソ科)【秋の田村草】
(Salvia japonica)

「秋の」といっても、実際には夏の初めごろから咲き始めます。

ところが、別に「ナツノタムラソウ」も存在しています。

学名「Salvia japonica」ということで、「キバナアキギリ(Salvia nipponica)」とともに、「日本のサルビア」という命名です。

里山にポピュラーな草ですが、もう少し山地になるとシソ科の似たようなものがとても多くて同定に苦労します。

これの場合は、花序が段々につき、雄しべが花からほとんど出ない点がポイントのようです。

ヤマハッカ」もよく似ていますが、ヤマハッカは花に毛が無く葉が単葉、本種は花が毛っぽく下の葉が羽状複葉になります。

2016/06 清瀬市

2016/06 清瀬市

2016/06 清瀬市

2016/06 清瀬市

2016/06 清瀬市

2016/06 清瀬市

2016/06 清瀬市

2016/06 清瀬市

2016/07 野川公園

2016/07 野川公園

2016/07 野川公園

2016/07 野川公園

2016/10 狭山丘陵

2016/10 狭山丘陵