アヤメ

アヤメ (アヤメ科)【綾目】【文目】
(学名:Iris sanguinea)

アヤメは、「ハナショウブ」、「カキツバタ」と常に混同されがちですが、ハナショウブ、カキツバタが湿地性なのに大して陸生で、湿地にも咲きますが野山の草原状のところに咲きます。

もっと深山や高山になると、「ヒオウギアヤメ」が多くなります。

アヤメは「綾目」というくらいで、花弁(外花被片)に綾をなす網目模様があるのが特徴で、ハナショウブ、カキツバタと見分けられます。

見分け方はこちら

全草に毒性があります。

2015年5月 皇居東御苑

2015年5月 皇居東御苑