クガイソウ

クガイソウ (APG:オオバコ科)(ゴマノハグサ科)
(学名:Veronicastrum japonicum)

綺麗な藤色なのですが、似た花序の「サラシナショウマ」の白に比べると意外とあまり目立ちません。
高山植物というわけではありませんが、山地や高原の花です。
花期も終わりなので寂しげな風情です。

というか、9月中旬でまだ咲いているというのは、ここの特殊気候のせいでしょうか。
この咲いている場所は、日本で二番目に深い竪穴鍾乳洞「青海千里洞(405m)」の洞口のすぐ前です。
巨大なドリーネ(カルスト地形のすり鉢状窪地)の中で、まだ若干の残雪も残っているうえ、洞口から冷気が湧きだしていて夏の間も寒いのです。

この写真では判りにくいですが、葉が5-6枚づつ輪生して何層にも段々になっているので、「九階草」という語源になったという説があります。

2014.9 糸魚川

2014.9 糸魚川 マイコミ平

クガイソウ(蕾) 2014/7 榛名山オンマ谷

クガイソウ(蕾) 2014/7 榛名山オンマ谷


谷川岳の天神平では、7月ニッコウキスゲが咲き始めるころ、クガイソウの花穂が絶妙なグラデーションの色を見せていました。

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 天神平

2016/07 谷川岳・天神峠

2016/07 谷川岳・天神峠


2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山