オゼタイゲキ

オゼタイゲキ (トウダイグサ科)【尾瀬大戟】
(学名:Euphorbia togakusensis var. ozense)

いかにもトウダイグサの仲間ですが、「ハクサンタイゲキ」の尾瀬特産の変種とされ、尾瀬以外では玉原高原などごく一部にしかないようです。
「ハクサンタイゲキ」が別名「ミヤマノウルシ」と呼ばれるように、「ノウルシ」によく似ていますが、背が高いです。

この時期、玉原湿原の多くを埋め尽くすほどの大群落となっていました。
行くまで名前も知らず予想もしていなかったので、あまりの大群落にびっくりしました。

「ハクサンタイゲキ」との違いは、湿原に特化した根の張り方なのですが、同種という説もあるようです。

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原