ケキツネノボタン

ケキツネノボタン (キンポウゲ科キンポウゲ属)【毛狐の牡丹】
(Ranunculus cantoniensis)

田んぼまわりでよく見かける典型的な雑草ですね。

キンポウゲ科らしい光沢ある黄色い花と、コンペイトウのような実が特徴的。

多くのキンポウゲ類の例に漏れず、けっこうな毒性をもち、「ウサギゴロシ」の別名ももつそうです。

変種の「キツネノボタン」との違いは連続的な感じですが、こちらの方が茎に毛があり、果実が楕円形、小葉が細長いなどの違いがあります。

2016/04 狭山丘陵

2016/04 狭山丘陵

2016/06 狭山丘陵

2016/06 狭山丘陵

2018/06 白金自然教育園