カバイロツルタケ

カバイロツルタケ (テングタケ科)(樺色鶴茸)
(学名Amanita fulva)

きれいに整った姿の、いかにもキノコ型のキノコです。
色も姿も無難で、いかにも食べられそうに見える通り、熱を通せば食用になるとのことです。
同科内でよく似ているのがタマゴタケあたりだから、典型的な姿のものなら多分大丈夫でしょう。

ただし、「テングタケ科」なので、同科の中にはたいへん凶悪なお仲間がとっても多い
(((;゚Д゚)))

@木曽・赤沢自然休養林

2014.8 木曽赤沢自然休養林

2014.8 木曽赤沢自然休養林