ヒナスミレ

ヒナスミレ (スミレ科スミレ属)【雛菫】
(Viola tokubuchiana var. takedana)

ヒナスミレ 2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

「スミレ界のプリンセス」とまで言われるほどに、清楚でかつ野性味のあるスミレ。

白に近いものから、標準的な薄ピンク、花弁の端が濃いピンクになるものなど、また花弁の丸いもの、波打つものなど変化も多いようです。

また、野性的な鋸歯の目立つ葉も、斑入りのものも多く、変化が楽しめます。

斑入り葉のものは「フイリヒナスミレ」として品種扱いされています。

背が低く林床に咲くので、杉の下など落ち葉に埋もれて咲いていることも多いので注意が必要です。

2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山

2016/04 芦ヶ久保日向山f

ヒナスミレ

2017/4 芦ヶ久保

ヒナスミレ

2017/4 芦ヶ久保

ヒナスミレ

2017/4 芦ヶ久保

2017/04 御岳山

ヒナスミレ 高尾山

2019/03/14 高尾山

ヒナスミレ

2019/04 朝霧高原

ヒナスミレ

2019/04 朝霧高原

ヒナスミレ

2019/04 朝霧高原

ヒナスミレ

2019/04 朝霧高原

ヒナスミレ

2019/04 朝霧高原


葉裏は紫色を帯びています  

葉裏は紫色を帯びています