ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク (ケシ科キケマン属)【山延胡索】
(学名:Corydalis lineariloba

同属の「ジロボウエンゴサク」と生息地が被っていて紛らわしいですが、こちらのほうが総じてしっかりした印象があります。
花もやや太って複雑な印象、植物体全体も「ジロボウ」のほうが、ひょろひょろした印象です。

花の色は赤紫からほとんど真っ青や水色まで幅広く、葉の形も変異が多いようです。

最終的に「ジロボウ」と見分けるには、花序の下につく苞葉の形の差が間違いないようです。
(ヤマ→数回の切れ込み有り、ジロボウ→全縁の楕円形)

2016/03 清瀬市

2016/03 清瀬市

2016/03 清瀬市

2016/03 清瀬市

2016/03 清瀬市

2016/03 清瀬市

2016/04 芦ヶ久保

2016/04 芦ヶ久保

2017/4 芦ヶ久保

2017/4 芦ヶ久保

2017/04 御岳山

ヤマエンゴサク

2019/04 東村山市


ヤマエンゴサクとジロボウエンゴサクとの違い

ヤマエンゴサクとジロボウエンゴサクとの違い