ホソバヒナウスユキソウ

ホソバヒナウスユキソウ(キク科ウスユキソウ属)【細葉雛薄雪草】
(学名:Leontopodium fauriei var. angustifolium

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

早池峰山の「ハヤチネウスユキソウ」と並んで「日本のエーデルワイス」といわれる、至仏山と谷川岳の特産種です。

ミヤマウスユキソウ」の蛇紋岩変種の特殊植物ということで、至仏山の象徴のような花ですね。

フェルト細工としか見えない、もふもふの苞葉。

中心部が本当の花ですが、それを囲むフェルト状の苞葉がエーデルワイスの売りです。

環境省カテゴリ:絶滅危惧Ⅱ類(VU)

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山