コバイケイソウ

コバイケイソウ (ユリ科)(APG:シュロソウ科シュロソウ属)【小梅蕙草】
(学名:Veratrum stamineum)

日当たりのよい草地や湿地にたくさん生え、高原や夏山の景観に欠かせない花です。

実は猛毒アルカロイド成分を含む毒草で、そのため鹿の食害にあわないので最近山でも増えているそうです。

花のつきに「裏年」「表年」があるようで、同じお花畑でも年によって咲き具合がだいぶ変わるようです。

本州中部以北の分布ですが、北海道では「バイケイソウ」のほうが主流のようです。

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2016/06 玉原湿原

2018/06 蓼科御泉水自然園

2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール