ネバリノギラン

ネバリノギラン(キンコウカ科ソクシンラン属)(ユリ科)【粘芒蘭】
(学名:Aletris foliata

亜高山から高山帯の稜線に広い範囲にぴょこぴょこと立っていて、つぼみか枯れ枝のような地味な花をつけています。

茎をつまむと、べたべたしていて「ネバリ」の語源となっています。

ちょうど「ムシトリナデシコ」の茎みたいです。

四国や九州では絶滅危惧種

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2016/07 谷川岳・天神峠

2016/07 谷川岳・天神峠

2019/07/10 那須朝日岳

2019/07/10 那須朝日岳

2019/07/10 那須朝日岳