ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ (APG:シュロソウ科ショウジョウバカマ属)(ユリ科)【猩々袴】
(学名: Heloniopsis orientalis )

里山から高山まで幅広く分布し、低地ではいわゆる「スプリング・エフェメラル」として春一番に咲く花です。

しかし、高い山では残雪の後などに夏遅くまで咲き、ひとつの種類で花の姿や色の変異も多いため、思わぬところや季節に出会うと一体何だろう?と思います。

特異な繁殖特性をもつ植物で、興味のある方は調べてみると面白いです。

残雪が溶けたすぐあとに出た花  2017/06 天神平

2017/06 天神平

2017/06 天神平

2015年7月 至仏山

2015年7月 至仏山

2015/07 至仏山

2015/07 至仏山

2015年6月 那須平成の森  花の終わったあとも緑の花のような姿

2015年6月 那須平成の森  花の終わったあとも緑の花のような姿

大雪山の雪渓わきでは7月も下旬になろうとしているのにまだ咲いていました

2017/07 大雪山