ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ(ミズキ科ミズキ属)【御前橘】
(学名: Cornus canadensis)

2017年7月 大雪山

ミズキ科ミズキ属ということで、ヤマボウシやハナミズキに似た系列の花です。
ミズキ同様、4枚の白い花弁に見えるのは総苞です。
「高山植物」とは言いがたいですが、亜高山の樹林に咲く花です。

何株も群生している様子をよく見ると、一見輪生のように見える4枚葉のものと6枚葉のものがあります。
花が咲いている状態ではどれも6枚葉となっています。

どうやら、葉が4枚の株は若い株で、2対の対生葉をもち、未成長で花がつかないようです。
成長した株は1対の対生葉をもち、その葉腋の上にさらに2対の対生葉をつけ、花がつくということのようです。

つまり、6枚葉の株にしか花芽ができないということになっているのですね。

一部関西方面では絶滅危惧種になっているようです。

2017年7月 大雪山

2014.8 木曽御嶽山7合目

2014.8 木曽御嶽山7合目(約2100m)

2015/07 至仏山

2015/07 至仏山

木曽駒ケ岳千畳敷カール

蕾  2018/06 北横岳