ヤマハハコ

ヤマハハコ (キク科ヤマハハコ属)【山母子】
(学名:Anaphalis margaritacea )

いかにも山の母子草で、「ハハコグサ」と「ウスユキソウ」の中間という感じです。

本州中部以北から北海道まで分布範囲は広く、山地の道路わきから、高山植物に混ざる高度まで生えています。

10月の谷川岳では、寒風によく耐えて、ドライフラワーのようになりながらまだ咲いていました。

2015/08 北沢峠(標高約1900m)

2015/08 北沢峠(標高約1900m)

2015年10月 谷川岳頂上肩の小屋付近 ただでさえドライフラワー的な花ですが寒風によく耐えています。

2015年10月 谷川岳頂上肩の小屋付近
ただでさえドライフラワー的な花ですが寒風によく耐えています。

2016/07 入笠山

2016/07 入笠山

大雪山黒岳山腹  2017/07

2018/07/19 木曽駒ケ岳千畳敷カール

2018/08 天狗岳