オオハナウド

オオハナウド (セリ科)【大花独活】
(学名:Heracleum lanatum)

山に咲く、この手のシシウドの仲間は、遠目にみればどれも同様で、何でも「シシウド」で済ませてしまうことも多いが、けっこう種類がある。

「オオハナウド」は、その名の通り花序が大きく、この手の中でもよく目立つ。
この種類は、花序の外周にある花弁の形が面白く、これが特徴。

この辺りには、南アルプス特産の希少種「ホソバハナウド」もあるのだが、これは「ホソバ」ではないようだ。

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)

2015/08 北沢峠(標高約2000m)