アズマレイジンソウ

アズマレイジンソウ (キンポウゲ科)【東伶人草】
(Aconitum pterocaule)

トリカブトの一種ですが、色合いのせいか、何だか存在感の薄い感じ。

薄暗い林の中に浮かび上がる花は、個人的には何かちょっと薄気味の悪い印象もあります。
トリカブトのお仲間ということで、有毒です。

アズマレイジンソウは東北から関東・中部周辺の分布となっていて、類似の「レイジンソウ」は中部から関西の分布となっています。

花茎の開出毛の有無で見分けるということですが、この個体は毛っぽいものの屈毛のようで、花も無毛です。
また、どうも一般に「レイジンソウ」のほうが花色が濃いようです。

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)

2015年8月 北沢峠(標高約2000m)